So-net無料ブログ作成
検索選択

東野圭吾「祈りの幕が下りる時」を読みました [読書日記2013]

 

東野圭吾さんの最新刊は加賀恭一郎シリーズです。

祈りの幕が下りる時

祈りの幕が下りる時

 

東野圭吾さんの作品の中でも「加賀恭一郎」シリーズは独特な

雰囲気を持っていると感じます。

今回の作品では、加賀刑事の若い頃、そしてその生い立ちも描かれて

います。

(ネタバレになるので詳しく書けませんけど)

ある殺人事件にいろいろな人の人生が複雑に絡んで、警察はなかなか

真実に辿りつけない。

絡みあう人生を解いていくと、そこに悲しい真実が待っています。

ミステリーとして、久しぶりに最後までドキドキしながら読んだ

のもありますが、加賀刑事の人生をはじめとするヒューマンドラマ

としても楽しめました。

加賀恭一郎シリーズはやっぱりいいなぁ[グッド(上向き矢印)]

 

☆26冊目☆

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

神崎和幸

お久しぶりです。

自分も「祈りの幕が下りる時」読みましたよ。
いい作品ですよね。

ますます深みを増す加賀恭一郎の人間描写や、
事件を通して伝わってくる強いメッセージ性が良かったです。

加賀恭一郎シリーズは本当にいいですよね。
by 神崎和幸 (2013-10-27 19:45) 

ひでぞうママ

☆神崎和幸さま☆

こんばんは、コメントありがとうございます。

この作品は、ミステリーとしても楽しめるし、
人間・加賀恭一郎の物語としても楽しめますよね。
最後の加賀刑事にあてた手紙の部分がとても
印象に残りました。
by ひでぞうママ (2013-10-27 20:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。