So-net無料ブログ作成

堀川アサコ「幻想探偵社」を読みました [読書日記2015]


 
「幻想郵便局」「幻想映画館」「幻想日記店」に続く
 
「幻想」シリーズの4作目です。
 
今回はちょっと変わった探偵社が舞台です。
 
 
 

幻想探偵社 (講談社文庫)

幻想探偵社 (講談社文庫)

  • 作者: 堀川 アサコ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/07/15
  • メディア: 文庫

 
 
主人公は、野球部をちょっと休部中の中2男子。
 
ふとしたきっかけでたどり着いた先が少し(いやかなりか)
 
変わった探偵社、その名も「たそがれ探偵社」。
 
何が変わっているかというと、顧客はすべて幽霊という幽霊御用達?
 
なんですね。
 
なぜかそこに出入りしている同級生のユカリちゃんとともに、お客様で
 
ある「大島」さん(もちろん幽霊です、でもなんで死んだか自覚なし)の
 
願いを解決することになるのですが。
 
途中「幻想映画館」の技師の人や、「幻想郵便局」の話も出てきて
 
ちょっとうれしかったです。
 
実はこれの前の作品「幻想日記店」も読了しているのですが、
 
こちらはいまいちだったかなぁ・・・
 
 
☆10冊目☆ 
 
 
 
 
 
 
 
 
♪♪ランキングに参加しています♪♪
 
   ↓  ↓  ↓
 
 
にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。