So-net無料ブログ作成

函館へ行ってきました(その2) [旅行]

函館の2日目はくもり空。雨の予報だったので、ひとまずは安心。

2日目は元町方面を回る予定でしたので、市電の1日乗車券を購入。

1008130009.JPG

1日乗車券、2日乗車券というのがあって、市電のみと市電&バス有効

のものがあります。

函館の市電の初乗り料金は200円、函館駅から湯の川温泉までが240円。

市電のみの1日乗車券は600円ですので、3回乗れば元が取れる計算です。

我々は、湯の川温泉~函館駅(荷物を預けるため)、函館駅~元町方面、

元町方面~函館駅と乗車しなくてはいけないので、十分元をとることに[グッド(上向き矢印)]

我々は宿泊先で購入しましたが、函館駅などでももちろん購入できます。

さて、我々一行は、函館駅で荷物を預け、市電で元町方面へ向かいました。

一人旅&そんなに暑くない日であれば、駅前から歩いて元町散策するんですが、

今回は市電を利用。十字街で降りて、二十間坂を登ります。

道幅が二十間あるからこの名前になってるんですね、本当に広い坂です。

坂を登りきって、右に折れて少し行くと元町カトリック教会が見えてきます。

こちらも好きな教会なんですが、折悪しく日曜日のミサの最中で中には

入ることができませんでした。

カトリック教会から少し上に行くと函館ハリストス正教会が見えてきます。

「ガンガン寺」の愛称でも親しまれていますね。

外装を直しているのか、周りを工事のネットのようなもので覆われていたので

きれいな復活聖堂の姿を見ることができなかったのが残念[たらーっ(汗)]

しばし教会の内部を拝見したあと、次の目的地まで歩きだしたのですが、

暑いのと小腹が減ったという事情で、ふと目に入ったお茶屋さんで休む

ことにしました。

1008080029.JPG

お店の名前は「茶房・菊泉」。この半纏は玄関先に飾られています。

何を頼んだかは別記事で・・・・

ふと入ったこの店、ガイドブックにばっちり載っているお店でした。

実は当初行く予定ではなかったのに、このお店で「ぜひ立ち寄って

ください!」と勧められたのが

1008130011.JPG

茶房・菊泉から少し下ったところにある「旧相馬邸」というお屋敷です。

函館の豪商・相馬哲平が建築したお屋敷を一般公開しています。

お屋敷もすばらしいのですが、ここにはとても貴重な「江差屏風」という

美術品が収蔵されています。

実物はあまりに貴重なので、年に1回くらいしかお目にかかることができない

のですが、非常に忠実に再現されたレプリカが展示されています。

ここはぜひ元町へいらっしゃったときには立ち寄っていただきたい場所です。

その後、向かったのは「旧函館区公会堂」。

華やかな外観とハイカラな雰囲気のある建物ですよね。

中ではハイカラ衣装をつけて記念写真も撮ることができます。

函館では観光スポット何箇所かの共通券を発売しています。

我々はこの後旧函館イギリス領事館へ行く予定だったので、2館共通券を

購入しました。

1008130012.JPG

我々は学生料金なので、2館で250円!一般はもう少し高いですね。

この公会堂の下にある元町公園でイベントが開催されていて、公会堂を

でたらなぜかブラジルのサンバを踊る一行が通り過ぎました[exclamation&question]

結構テンションあがりますね、あのリズム。

最後は「アフタヌーンティー」をお目当てに函館市旧イギリス領事館へ。

英国好きの私としてはたまらん場所であります[揺れるハート]

領事館自体の展示と併設された開港ミュージアムを見学。

領事のユースデンさんは結構小柄ですね(等身大?のお人形あり)。

ショップとカフェが併設されていて、 お昼ごはんのかわりにアフタヌーン

ティーをのんびりと楽しんできました。

こちらでは結婚式もできるようですよ[かわいい]

イギリス領事館だけあって、バラがとてもきれいに咲くようです。

ショップには英国チック?なものがたくさん販売されていました。


nice!(0)  コメント(0) 

函館に行ってきました(その1) [旅行]

8月7日と8日の1泊2日で函館に行ってきました。

今回は一人旅ではなく、大学のサークル仲間との旅行。

久々の?団体行動なので、ちょっとドキドキ[あせあせ(飛び散る汗)]

主たる目的は北海道立函館美術館で催されている展覧会を観ること。

あとはのんびりと温泉にでもつかって函館観光というところでしょうか。

観光と言ってもそれぞれ函館には頻度は違えど行ったことがあるので、

そんなにあわただしくもなく、二日間過ごしました。

ご存知のとおり、函館市内には市電が走っていて、湯の川~函館どっぐ

まで路線が続いています。

イメージ的には、函館どっぐ(元町方面) ― 函館駅 ― 五稜郭・

湯の川方面という感じですよね。

今回の宿は湯の川温泉にとっていたこと、美術館は五稜郭公園にあるということで、

一日目は五稜郭・湯の川方面で過ごすことにしました。

美術館で展覧会を鑑賞する前に、腹ごしらえと食後の運動ということで、五稜郭公園

を先に探索してきました(腹ごしらえについてはのちほど)。

1008070037.JPG

せっかくなので、新しくなった五稜郭タワーにものぼってきました。

前のタワーよりも高くなり、より函館の風景がよく見えるようになりました。

天気予報は決してよくなかったのですが、予想外の好天に恵まれて、かなり

遠くのほうまで見渡せました[グッド(上向き矢印)]

五稜郭の木々も青々としていてきれいですね[ぴかぴか(新しい)]

タワーを降りて、五稜郭公園内にある「箱館奉行所」へ。

この箱館奉行所、今年の7月29日に復元、オープンしたばかり。

1008070035.JPG

とても立派な建物ですね~、内部もかなり忠実に再現しているそうです。

まだ新しい建物のにおいがしていました。

すぐ近くにはお休み処もあって、奉行所みやげも購入できます。

宿は湯の川温泉の「一乃松」という旅館[いい気分(温泉)]

市電であっという間についてしまうのですよね、湯の川温泉。

函館といえば「夜景」が有名ってことで、私達は観光バスにのって夜景を観に

いってきました。

1008070034.JPG

写真がへたなので、夜景の美しさが伝わらない[もうやだ~(悲しい顔)]

とにかく天気に恵まれて、夜景がものすごく美しかった!

(その分人出もものすごかったですが・・・)

函館山の展望台で観る夜景もさることながら、バスでのぼっていく途中の

眼下に広がる夜景もすばらしかったです。

あと写真にはできませんでしたが、夜景に負けないくらいの星空!

私の家もかなり田舎なので、星がよく見えるのですが、函館山で見た星空

は本当にきれいでした[るんるん]

函館山の夜景を観るには、ロープウェイを利用する方法と、今回のような観光バス

を利用する方法があります。

そんなこんなで大満足の函館1日目でありました[かわいい]

 


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。