So-net無料ブログ作成
検索選択
読書日記2011 ブログトップ
前の10件 | -

川渕圭一「研修医純情物語」を読みました [読書日記2011]

2011年最後に読み終わった本はこちらです。

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)

研修医純情物語―先生と呼ばないで (幻冬舎文庫)

前に読んだ「ふり返るなドクター」は一応完全フィクション

だと思うのですが、こちらは川渕先生が実名で登場しますね。

さまざまな社会経験を経て37歳で研修医になった川渕先生。

大学病院には本当にいろんな人がいるようですね。

川渕先生のようなお医者さんに会えるのはとても幸せなこと

なんじゃないかなと読んでいて感じました。

 

☆63冊目☆

 

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ヤマザキマリ「テルマエ・ロマエⅣ特装版」を読みました [読書日記2011]

まさかの実写映画化、本当でした・・・帯に写真[たらーっ(汗)]

テルマエ・ロマエ IV 特装版 (BEAM COMIX)

テルマエ・ロマエ IV 特装版 (BEAM COMIX)

通常版は12月22日発売ですが、こちらの特装版はちょっと

早めに発売になりました(表紙は通常版と同じです)。

通常版はこちらです↓

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)

  • 作者: ヤマザキ マリ
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/12/22
  • メディア: コミック

何が特装版かというと「ティンティナブラム」の金属製ストラップ

が付録でついているんですね[かわいい]

「ティンティナブラム」は第2巻に収録されている6話目に登場する

魔よけなんですけどね・・・

第4巻ではルシウス、ローマに戻れなくなってしまいました[ダッシュ(走り出すさま)]

しかし、ワープしちゃった温泉町にはなんとラテン語を話せる

ローマ時代マニア?のさつきさんがいて、ルシウスまんざらでも

ない様子。

はたしてルシウスは戻ることができるんでしょうか[exclamation&question] 

22日にはAmazon限定特装版も発売になります、もちろん予約済み[るんるん]

テルマエ・ロマエ IV お風呂で読める「風呂マエ・ロマエ」付 Amazon限定版

テルマエ・ロマエ IV お風呂で読める「風呂マエ・ロマエ」付 Amazon限定版

  • 作者: ヤマザキマリ
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/12/22
  • メディア: コミック

別冊「風呂マエ・ロマエ」がとても楽しみです[るんるん]

そうそう、まさかの実写映画化。

来年4月28日ロードショー決定だそうです[映画]

怖いもの観たさ?で観に行っちゃいそう・・・

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

荻原浩「ちょいな人々」を読みました [読書日記2011]

荻原さんの全7編からなる短編集です。

どの物語に出てくる人物も、実際にいそうな気がします。

ちょいな人々 (文春文庫)

ちょいな人々 (文春文庫)

本のタイトル「ちょいな人々」は一番最初に収録されているお話。

カジュアルフライデーに一喜一憂、というか翻弄される

サラリーマンが主人公。

私が好きなお話は「いじめ電話相談室」ですね。

いじめ電話相談室の相談員の女性が主人公ですが、いじめに

悩む子供を救おうとしているうちに、どんどん強くなる

聡子さん(主人公です)が頼もしいです。

ペットを飼っている人って「ペットがしゃべったら~」って

一度は考えると思うんですが、実際にペットが考えてることを

言葉にできる機械ができて(〇ウリンガルよりすごい)、なんて

お話もあります。知らないほうがいいことってありますよね・・・

 

☆62冊目☆

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

姫野カオルコ「ああ、懐かしの少女漫画」を読みました [読書日記2011]

今はほとんどマンガを読まなくなってしまいましたが

(「テルマエ・ロマエ」や「JIN」は好きですけど)、

小さい頃は「りぼん」とか毎月買って読んでました。

この本読んでたらまた少女マンガ読みたくなってきました。

ああ、懐かしの少女漫画 (講談社文庫)

ああ、懐かしの少女漫画 (講談社文庫)

ここに登場するのは大体昭和40年代の少女マンガです。

覚えているものと読んだことないのが混在していますが、

あの頃のマンガの雰囲気は「そうだったぁ!」とうなずく

ことばかり[るんるん]

カラー口絵の付録コレクションもすごいですが、カオルコさん

の記憶力もかなりすごいですね、びっくりです[ダッシュ(走り出すさま)]

楳図かずお先生って少女マンガのカテゴリーに入るんですかね?

ちょっと読んでみたいかも「赤んぼ少女」。

 

☆61冊目☆

 

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖2」を読みました [読書日記2011]

 

栞子さんと五浦くんのお話の第2弾です。

本、ここでは古書ですけど、いろいろなと人生に

からんでるんですね。

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

今回のお話は全3話+プロローグエピローグ

五浦くんは結局ビブリア古書堂に舞い戻って働いています。

第1話は「時計じかけのオレンジ」(アントニイ・パージェス)

第2話は「名随筆 サラリーマン」(福田定一)

第3話は「UTOPIA 最後の聖戦」(足塚不二雄)

そしてプロローグとエピローグは「クラクラ日記」(坂口三千代)

をめぐる物語。

今回は栞子さんの過去や家族に関することにもふれられています。

だんだん五浦くんとの距離も近づきつつあったりして・・・

この物語に出てくる本を残念ながら読んだことがないのですが、

ちょっと読んでみたくなりました、できれば古書店で調達したい[わーい(嬉しい顔)]

続編も出そうな感じなので今後が楽しみです。

 

☆60冊目☆

 

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

コンドウアキ「リラックマ4クママンガ-2-」を読みました [読書日記2011]

先日、試験を受けた後に読んでだいぶ癒されました[いい気分(温泉)]

やはりリラックマたちの力は偉大です[グッド(上向き矢印)]

リラックマ 4クママンガ 2

リラックマ 4クママンガ 2

リラックマたちの活躍?が4コママンガで描かれている

「4クママンガ」の第2弾です。

買ってすぐにタリーズで読んでいたのですが、あまりに

面白いので一人でニヤニヤしてしまった[たらーっ(汗)]

コリタンが大事にしているペンギンのペンさんの回も

あるんですが(あひるさんは登場しないです、さみしい)、

ペンさんもいろいろ大変なんだなぁとしみじみ。

つらいことがあった日の夜にこの本を読むと、いやなことも

忘れてゆっくり眠れそう[眠い(睡眠)]

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

堀正岳「モレスキン 人生を入れる61の使い方」を読みました [読書日記2011]

ちょっとした試験の勉強に時間をとられて、今年はなかなか

読書が進みません・・・

120冊なんて到底ムリムリ、ですが、試験も終わったので

今日からどんどん読書したいなと考えてます。

こちらの本は結構前に読んでいたもの。

モレスキン 人生を入れる61の使い方

モレスキン 人生を入れる61の使い方

私にとっては憧れの手帳・ノートであるモレスキン。

全国(全世界か)にはモレスキン愛用者がたくさんいらっしゃる

のですが、この本では61人の方の使い方が紹介されています。

それぞれいろいろな工夫をこらしたり、本当にその人の人生の

一部になっていたり、モレスキンって力あるんだなぁと実感します。

私はこんなに上手に使えるんだろうか・・・といつも考えますが、

いつかはモレスキンをスマートに使いこなしたいものです。

読んでいてびっくりしたのが、176ページに登場する野々村さん。

この夏に友人がグループ写真展を開いたカフェのオーナー!

とても雰囲気のあるカフェでドーナツが美味しいのですが、

このお店の方全員モレスキンユーザーだそうです。

今度行ったらモレスキンのこと聞いてみようかな[るんるん]

他にも札幌在住の方のページに、職場近くのお店(フィンランド

雑貨店)のことが出ていたりして結構驚きの連続でした。

あとは刑事さんも使っているとかも結構ビックリ・・・

私はやっぱりモレスキンを旅の仲間にしたいな、とりあえず。

自分の旅についての駄文や思い出をモレスキンに書き記したい

と思っています。

次の欧州旅行(いつになるかは不明ですが)ではぜひ実行しよう[飛行機]

 

☆59冊目☆

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

中村うさぎ「税務署の復讐~ババア・ウォーズ3」を読みました [読書日記2011]

うさぎさんの週刊文春連載コラム文庫本です。

今回はタイトルのとおり、税務署&区役所との闘いの

お話がたくさん。

税務署の復讐―ババア・ウォーズ〈3〉 (文春文庫)

税務署の復讐―ババア・ウォーズ〈3〉 (文春文庫)

うさぎさん、港区から渋谷区へお引越ししたことで、あらたに

渋谷区役所とも闘いが始まったようです。

それにしても役所ってひどいですよね[たらーっ(汗)]

職務に忠実、といえばそうなのかもしれませんが・・・

この本に収録されているコラムは2008年~2010年にかけて

で、秋葉原の無差別殺傷事件や結婚詐欺?事件があった時期。

この2つの事件についてもうさぎさんは書かれています。

そしてこの間に政権交代があったんですよね。

あとがきにうさぎさんが書いてますが

「民よ、日本はどうなってしまうのだろうか?」と

本当思ってしまいます・・・

 

☆58冊目☆

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:

佐藤優「はじめての宗教論・左巻」を読みました [読書日記2011]

先日読んだのが「右」でしたので、今度は「左」。

「左巻」のサブタイトルは、<ナショナリズムと神学>。

右巻もそうですが、本当に私にとっては「はじめての」

宗教論や神学なので、一読だけではなかなか理解できない

ところが多いのですが、とにかく勉強になります。

神学にこんなにも種類があることや、宗教論とナショナリズムとの

関係。右左あわせて再読しようと思います。

 

☆57冊目☆

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

三浦しをん「舟を編む」を読みました [読書日記2011]

「大渡海」出版されたら絶対買いますね[グッド(上向き矢印)]

でもちょっと高いかも・・・

舟を編む

舟を編む

タイトルの「舟」は辞書のことですね。

「辞書」は言葉という大海原を航海するための舟。

海を渡るにふさわしい舟を編む。

めずらしい、というかたぶんはじめての辞書?小説かも。

辞書大好き人間の私には物語に出てくる辞書づくりの

過程がとても楽しい[ぴかぴか(新しい)]

舞台は大手総合出版社の玄武書房、その中の辞書編集部。

新しい国語辞書「大渡海」の編集にかかわる個性的な

人たちの物語です。

超真面目な馬締くんをはじめ、登場する人たちはごく普通

の人たち、でもちょっと面白いんですよね。

ふだん何気なく使っている辞書がこんなにいろいろな人たちの

情熱に支えられて出来ていると思うと、とても愛着が沸くの

ではないかなと思うんですけどね。

読み終わったら手元にある辞書を引いてみたくなると

思いますよ。あと妙に言葉が気になりだし始めるかも・・・

 

☆56冊目☆

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | - 読書日記2011 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。