So-net無料ブログ作成

東野圭吾「プラチナデータ」を読みました [読書日記]

う~ん、こんな法律ができたらどうなるんだろう・・・

プラチナデータ

プラチナデータ

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/07
  • メディア: 単行本

 

「こんな法律」というのは犯罪防止を目的とするDNA法案。

DNAで犯人を特定するという究極的の科学捜査をもってしても

解決できずに起こる連続殺人事件。

読み始めると引き込まれてしまって、1日で読破したんですが、

結末は結構あっけなかったかな。

もうひとひねりとかあるのかなと思ったんですけど。

Amazonのレビューをみると賛否両論なのはわかる気がします。

私としては結構楽しめましたけど。

♪32冊目♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。