So-net無料ブログ作成

川渕圭一「ふり返るなドクター」を読みました [読書日記2011]

病院を舞台にした小説やドラマが結構好きです。

海堂さんのチーム・バチスタシリーズも楽しいですが、

今回読んだ作品は結構リアルな印象を受けました。

ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)

ふり返るなドクター―研修医純情物語 (幻冬舎文庫)

  • 作者: 川渕 圭一
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/04/12
  • メディア: 文庫

主人公は脱サラして37歳で医者になった紺野佑太。

新たな研修先は某大学病院。

教授回診の様子や、患者から医療過誤の裁判を起こされる

教授など、山崎豊子さんの白い巨塔をちょっと思い出して

しまいました。

新米のお医者さんである主人公は大学病院の現状に

驚いたり、抵抗したりの毎日。

そしてもう一人、大学病院という組織の中ではちょっと

異色な感じの瀬戸医師。

研修医の過酷さもさることながら、大きな組織の中で

働くことのつらさなども描かれていますね。

私的には瀬戸先生がお気に入りになりました[るんるん]

ちょっと恋のお話も混じっていたりして、病院外の

出来事も面白いです。

それにしても大学病院って今でもこんな感じなのかなぁ[たらーっ(汗)]

 

☆20冊目☆

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

  ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。