So-net無料ブログ作成

東野圭吾「麒麟の翼」を読みました [読書日記2011]

加賀恭一郎シリーズの最新刊です。

今回も舞台は日本橋付近。

麒麟の翼 (特別書き下ろし)

麒麟の翼 (特別書き下ろし)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/03/03
  • メディア: ハードカバー

事件は日本橋からはじまります。巡査が日本橋の欄干のところで

発見した男の胸にはナイフが刺さっていて・・・

前作同様、日本橋付近が主な舞台です。

ところどころ「新参者」に登場したと思われる場所が出てきたり

します。

派手なトリックがあるとか、大どんでん返しがある、という作品

ではないので、推理小説としては好き嫌いが分かれるかも。

被害者家族の心理描写が面白いなと思いました、マスコミの報道

によって周りの態度が変わっていくのは現実にもあることなんで

しょうね。

東野圭吾さんの新作がこれから2本出版されるとのこと。

第2弾はガリレオシリーズ、第3弾はニュー・ヒーロー登場の

シリーズだそうです。

どちらかというとニュー・ヒーローに期待しちゃいますけど。

 

☆23冊目☆

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。