So-net無料ブログ作成

三上延「ビブリア古書堂の事件手帖2」を読みました [読書日記2011]

 

栞子さんと五浦くんのお話の第2弾です。

本、ここでは古書ですけど、いろいろなと人生に

からんでるんですね。

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

  • 作者: 三上 延
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2011/10/25
  • メディア: 文庫

今回のお話は全3話+プロローグ&エピローグ。

五浦くんは結局ビブリア古書堂に舞い戻って働いています。

第1話は「時計じかけのオレンジ」(アントニイ・パージェス)

第2話は「名随筆 サラリーマン」(福田定一)

第3話は「UTOPIA 最後の聖戦」(足塚不二雄)

そしてプロローグとエピローグは「クラクラ日記」(坂口三千代)

をめぐる物語。

今回は栞子さんの過去や家族に関することにもふれられています。

だんだん五浦くんとの距離も近づきつつあったりして・・・

この物語に出てくる本を残念ながら読んだことがないのですが、

ちょっと読んでみたくなりました、できれば古書店で調達したい[わーい(嬉しい顔)]

続編も出そうな感じなので今後が楽しみです。

 

☆60冊目☆

 

 

♪♪ランキングに参加してます♪♪

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。